初心者から日本語教師を目指す方へ 初心者から日本語教師を目指す方へ

アルファ国際学院の修了生にインタビュー!

更新日:2021/10/05

  • facebook
人ではないフリー画像に差し替える

「アルファ国際学院」2021年修了
外国人技能実習監理組合勤務
杉山 真由子さん

今回インタビューに答えてくれたのは、「アルファ国際学院」で日本語教師の資格を取得した杉山 真由子さんです。

杉山さんは、介護研修の講師として実習生に指導をしているうちに「外国人に分かりやすく教えたい」と思い、日本語教師の勉強を始めたそうです。

それでは、杉山さんのインタビューをご覧ください。

日本語教師を目指したきっかけ

外国人に、分かりやすく教えたい

私は現在介護研修の講師を務めています。外国人の実習生に教える機会も多いのですが、介護の専門用語を説明するときに「なかなかうまく伝わらないな」と実感しました。

日本語での日常会話も難しい実習生の方もおりましたので、「外国人にもっと優しく、分かりやすく教えたい」という気持ちが芽生え、日本語教師の資格取得を決意しました。

受講の決め手は何でしたか?

通信制かつ日本語学校での教育実習

オンライン授業

日本語教師養成講座を選ぶときは、インターネットで情報を調べ、日本語教師養成講座を比較するサイトを利用しました。

その結果、私が求めていた「通信制」「日本語学校での教育実習」の2点について、アルファ国際学院さんが魅力的だったので受講を決めました。

まず良かった点は、通信制だったという点です。
通信講座で受講をしたかったので、比較サイトの中で通信講座を探したところ、「アルファ国際学院」が見つかりました。

また、もうひとつ良かったのが、日本語学校に通っている学生に対して教育実習ができるという点ですね。「実践的な教育実習ができるな」と感じました。

コロナ禍での受講で大変だったのではないですか?

オンライン授業でも特に不便はありませんでした!

コロナ禍の受講ではあったものの、「ZOOM」での授業を取り入れていただけたので、受講していて不便な思いをすることはありませんでした。

教育実習は通学が必須だったのですが、現場で外国人に指導する経験は自分のためになりましたし、それ以外の講義はオンラインで受講可能できて大変助かりました。

養成講座や教育実習で学んだこと

「習った言葉」だけを使って授業すること

日本語の初心者

初めは、生徒が習った言葉だけを使って授業をすることが難しいと感じました。
私たちが何気なく使っている言葉も、生徒にとっては「習っていない単語や使い方」になっていることがあります。

今では「教科書のどの単元まで学習が済んでいるのか」、「どの言葉なら分かりそうか」を事前に確認してから教案を作成したり授業に望んだりするようにしています。

外国人の立場に立って教えられるようになりました

日本語教師養成講座を受けてみて、「自分の何気ない話し方は、外国人にとっては勉強していない文型や、分かりづらい話し方だったんだな」と気付きました。

講座の受講後は、外国人の方が「みんなの日本語」の教科書を使って学んだ文型を意識して研修ができるようになったなと思います。

現在のお仕事について教えてください

外国人向け介護研修の講師

現在は外国人技能実習監理組合に勤めています。主な仕事は介護研修の講師で、日本人への研修も行いますが、外国人向けの研修をする機会が多いです。

今はオンラインで授業を行なっていて、入国できない実習生には「ZOOM」で現地と繋いで授業をします。
授業では、介護で使用する日本語の解説や日本での日常会話などを教えています。

さらに、日本に入国している実習生には「介護日本語評価試験」(※)の指導を行っています。普段の授業と並行して、この試験に向けた日本語の勉強も教えています。また、技能実習の申請書類などの事務も業務の一部です。

※厚生労働省が実施している、一定の専門性・技能を有する外国人材(特定技能外国人)を受け入れる制度です。

現場で感じたこと

異文化理解が大切

異文化理解

養成講座で色々な方と一緒に学んだり、外国人と触れ合ったりしている中で「異文化の理解がとても大切にできる人は日本語教師に向いているな」と思いました。

実は今、インドに日本語学校を設立する事業にも携わっているところで、そちらの方も今後本格的に関わっていきます。

実際に携わってみて、インドは「カースト制度」がある点が日本と大きな文化の違いだな、と感じています。女性が教育や就職の機会を十分に得られていない点は、日本語学校設立の背景かと思います。

オンライン配信ツールの活用について

「ZOOM」を使った授業では「対面授業とは違うな」と思う点があります。

例えば、私はパワーポイントなどの資料を画面共有することが多いのですが、その時は生徒一人ひとりの表情が見えにくいなと感じました。

また、会話のキャッチボールもオンラインだと対面授業よりもスムーズにいかない点に「ZOOM」の難しさを感じています。最近は入国前のベトナム人実習生に、現地との通信で日本語を教えているのですが、ネット環境が良くないみたいなので切れてしまったり、画面の共有がうまくできなかったりすることがあります。

アルファ国際学院の紹介

アルファ国際学院の日本語教師養成講座は、東京(赤坂)・横浜・名古屋・大阪・博多エリアで開講しています。
理論を通信講座で学習できるため、ご自身のペースで学習を進められる点が魅力です。

講座の特徴

アルファ国際学院の日本語教師養成講座は下記のような特徴があります。

・理論を通信講座で学習できる
・国内外4,000名以上の就職実績
・充実の実習時間で、即戦力となれる実践力を養成

本ページでは、アルファ国際学院の修了生、杉山 真由子さんの声をお届けいたしました!
日本語教師養成講座を選ぶ際の参考になりましたら幸いです。

【通学】アルファ国際学院
通信・通学併用の講座一覧

【通学】アルファ国際学院の講座一覧

日本語教師の講座選びなら
BrushUP学び

BrushUP学び 日本語教師を学ぼう
BrushUP学び

BrushUP学びは日本語教師養成講座や日本語教育能力検定試験の対策講座など、日本語教師を目指せるスクールの情報をまとめたサイトです。エリア別にまとめて比較でき、とても見やすいです。

日本語教師の資料請求はこちらから