日本語教師ナビ
初心者から日本語教師を目指す方へ 初心者から日本語教師を目指す方へ

資格の大原 のスクールの特徴、講座情報を紹介します

更新日:2019/07/23

  • facebook

資格の大原の学校情報

資格の大原

社会人向けに資格の講座を数多く開講する資格の大原では、日本語教師養成講座も行っています。数ある大原の教室の中でも、日本語教師養成講座は東京水道橋校でのみ開講しています。

420時間総合コースは文化庁届出受理講座ですが、特筆すべき点は、理論部分を通学と通信(Web)から選択可能なことです。通信を選択しても、文化庁に届出受理されているので、国内の日本語学校で教員として働く条件を満たすことができます。ただし、実習などのスクーリングが必須です。

学校拠点情報

学校名 住所
東京水道橋校 東京都千代田区西神田2-2-10

資格の大原の特徴とは?

資格の大原は、会計・法律・ビジネスなど様々な社会人講座を開講している資格スクールです。そのため、大原の日本語教師養成講座は、働きながら受講しやすい平日の夜と土曜日を組み合わせたスケジュールとなっています。

420時間総合コースをはじめ、日本語教育能力検定試験合格を目指す方を対象としたの検定直前対策コース、検定合格者などで現場対応力を養いたい方に向けた実践力養成コースなど、日本語教師になりたいさまざまな状況の方に合わせたコースがあります。更に、近年注目を集めている介護のための日本語に特化した「介護の日本語」教師養成コースがあるのも特徴的です。

大原の420時間総合コースと検定直前対策コースは、一般教育訓練給付制度対象のものがあります。詳しくは、下記講座情報をご参照ください。

また、教育ローンが利用でき、大原グループと提携している大学生協・購買会等にて諸手続をした場合は、大学生協等割引価格の適用も可能です。

Web通信受講が可能!
大原の420時間総合コース理論編Web授業は、通信としては初めて文化庁の届出が受理た講座です。実習などは学校に通う必要がありますが、理論部分をWeb受講できるので、好きな時間に学習を進めることができます。仕事などの関係で決まった日時に通うことが難しい方には嬉しいですね。

年7回開講!
4月、5月、7月、8月、10月、1月、2月と、年に7回の開講月があります。開講月により受講期間が異なりますが、忙しい社会人にとっては嬉しいシステムです。

主な就職先

大原では大原日本語学院という日本語教育機関も運営しています。東京、大阪、福井、福岡に学校があり、それらの学校で働くチャンスがあります。

その他、日本国内外の日本語教育機関での就職支援も行っています。海外で働くことを希望する方に対して、住居をはじめとした、さまざまな現地の情報を提供するなど、サポートも充実。

資格の大原のコース情報

420時間総合コース/420時間総合コース(検定対策パック)

大原の420時間総合コースは、全45回、180時間の理論編を、通学とWeb受講から選択が可能です。理論編Web講座は、パソコンやスマホで学習できるので、自分のペースで学習を進められるのが最大の利点です。通学にはWeb講義が標準装備されているので、万が一授業を受講できなかった場合でも、Web講義を受講することができます。

また、420時間総合コースには、検定試験対策講座とパックになったコースもあります。日本語教育能力検定試験の受験を念頭に置いている方はパックコースがお得です。

420時間総合コース

受講料 【通学】
入学金:6,000円(税込)※
受講料:528,600円(税込)
【Web】
入学金:6,000円(税込)※
受講料:478,600円(税込)
開講時期 4月/5月/7月/8月/10月/1月/2月 4月から配信
実践編以降はスケジュールの確認が必要
受講期間 9ヶ月から15ヶ月の各コース
その他 ・教育訓練給付金対象講座です。
(4月生・10月生の9ヶ月コース。通学のみ)
・通学講座にはWeb講義が標準装備されています。

【420時間総合コース《検定対策パック》】

受講料 【通学】
入学金:6,000円(税込)※
受講料:590,400円(税込)
【Web】
入学金:6,000円(税込)※
受講料:540,400円(税込)
開講時期 4月/5月/1月/2月 4月から配信
実践編以降はスケジュールの確認が必要
受講期間 9ヶ月から15ヶ月の各コース
その他 ・平日夜+土曜・日曜、開講
・通学講座にはWeb講義が標準装備されています。

※大原グループの講座に初めてお申込みの方は、入学金が必要です。

検定対策コース

日本語教育検定試験対策講座は、検定直前対策コースと検定直前演習があります。

検定直前対策コースは、「基礎演習」「発展演習」「検定直前演習」の3ステップで、効率的に学習を進めることができます。検定世間の基礎から知識を固め、総合力を高めます。
検定直前演習は、検定直前対策コースと共通です。得点力を身に付けるために試験形式の演習を行います。

【検定直前対策コース】

受講料 入学金:6,000円(税込)※
受講料:95,000円(税込)
開講時期 7月/8月
受講期間 3ヶ月コース/2ヶ月コース
その他 7月生3ヶ月コースは教育訓練給付金の対象です。

【検定直前演習】

受講料 入学金:6,000円(税込)※
受講料:24,000円(税込)
開講時期 9月
受講期間 2日間

※大原グループの講座に初めてお申込みの方は、入学金が必要です。

そのほかの講座

既に日本語教師の資格を持っていて、授業の練習を重ねたい、教え方にブランクがあるなど、日本語教師としての教え方に不安がある方に向けた実践力養成コースがあります。

介護の技能実習の受け入れが始まり、介護職に従事する外国人は今後更に増加する見通しです。しかし、専門用語が多い「介護」という分野で日本語を教えられる教師が少ない現状があります。
大原では、「介護の日本語」教師養成コースがあり、日本語学校で介護職をめざす留学生、介護業務に従事する技能実習生などに授業をする方、日本語教師としてプラスアルファのスキルを身に付けたいという方におすすめです。

講座名 料金 開講時期 特徴
実践力養成コース 323,000円(税込) 7月/10月/1月 教案作成から模擬授業、教案実習まで
教壇に立つ実践力を養います。
「介護の日本語」教師養成コース 85,000円(税込) 介護の知識ゼロから始められます。
定員は20名。インターネット申込のみ。

※大原グループの講座に初めてお申込みの方は、入学金(6,000円)が必要です。

日本語教師の講座選びなら
BrushUP学び

BrushUP学び 日本語教師を学ぼう
BrushUP学び

BrushUP学びは日本語教師養成講座や日本語教育能力検定試験の対策講座など、日本語教師を目指せるスクールの情報をまとめたサイトです。エリア別にまとめて比較でき、とても見やすいです。

日本語教師の資料請求はこちらから