初心者から日本語教師を目指す方へ 初心者から日本語教師を目指す方へ

ハローワークの職業訓練で日本語教師は目指せるの?
申込から日本語教師デビューまでの流れを紹介!

更新日:2020/03/23

  • facebook

ハローワークの職業訓練で日本語教師養成講座は受講できる?

条件を満たせば受講可能!

ハローワークの職業訓練として日本語教師養成講座を受講するには条件が定められています。条件はありますが、もし受講できれば受講費用の負担が軽くなるなどのメリットは大きいですよね。

細かい条件まで満たしているかどうかは個人によって異なりますので、ハローワークの窓口で確認されることをお勧めします。しかし「平日はハローワークに行けない」という方も多いと思いますので、次の項目で職業訓練で日本語教師養成講座を受講するための最低限の条件をお伝えいたします。

条件を満たす場合

職業訓練ですので、申込時に無職であることは必須条件です。また、申込をすれば誰でも受講できるのではなく選考を通過した申込者のみ日本語教師養成講座を受講することができます。

そして、ハローワーク側は「訓練後に就業することができる」「就業の意思がある」という点も受講の前提としてチェックしていますので、相談の際にはその点も注意しておきましょう。職業訓練で日本語教師養成講座を受講する最低限の条件をまとめると「無職で、訓練後に日本語教師として就業する意思がある」となります。

「条件を満たすかもしれない」という場合は管轄のハローワークに相談してみましょう!受講に必要な詳細条件(雇用保険履歴など)を確認してもらえたり、個別の状況を踏まえたアドバイスをもらえたりします。尚、条件を満たした場合の受講までの流れは、後述の「窓口相談から受講までの流れ」の項目をご覧ください。

条件を満たさない場合

働きながら日本語教師を目指したい場合や、「自分の都合に合わせて受講したい」「今から受講したいけど、日本語教師に転職するのはもう少し後で」と考えていらっしゃる方は、ハローワークの窓口で「職業訓練の条件は満たさない」と判断されると考えられます。また、訓練校に指定されたスクール側の観点としても、就職実績が得られなければ指定から外れる可能性があるため「修了後は速やかに日本語教師として就職できるか」という点を重視しています。

受講・就業に関する条件を満たせなかったり「職業訓練は合わないかも」と感じたりした方、残念ながら職業訓練の選考に落選してしまった方は、文化庁から届け出を受理されたスクールの日本語教師養成講座の受講を検討してみましょう。

日本語教師の資料請求はこちらから

職業訓練で日本語教師を目指すメリット・デメリット

ハローワークの職業訓練で日本語教師養成講座を受講するメリットは大きいですが、デメリットもあります。
日本語教師養成講座を職業訓練で受講する場合のメリットとデメリットをご紹介します。職業訓練で受講するかスクールの講座を受講するかの1つの参考にしてみてください。

メリット

ハローワークによる職業訓練で受講する場合のメリットは、なんといっても受講費用が無料であることかと思います。また、給付金の対象者であれば「給付金をもらいながら日本語教師養成講座を修了できる」という非常に良い条件で受講できます。

また、職業訓練を受けると自然と規則正しい生活リズムを保つことができます。離職すると、出勤がないため不規則な生活になりがちですが、職業訓練は平日の日中がメインです。受講期間中は活動・食事・睡眠のリズムをある程度一定の時間で保つことができるのも職業訓練で受講するメリットの1つになります。

デメリット

「必ず受講できるとは限らない」「時間の制約がある」 という2点が大きなデメリットです。

スクールで受講を申込む場合はほぼ間違いなく受講できますが、そもそも、お住まいの地域のハローワークで日本語教師養成講座は募集していないという事もあり得ます。募集があっても職業訓練の場合は選考を勝ち抜かないと受講できません。そして、選考に落選した場合、次回受講できるまでに失業手当の給付期限が経過してしまうなどといった状況に陥る可能性もあります。

また、職業訓練では時間の制約があります。基本的には指定された時間で全ての講義への出席が必須ですので、「この日は用事があるから休みたい」とは簡単にはいきません。欠席が絶対に不可能という訳ではありませんが、欠席には相応の理由とその証明書類の提出が必要なようです。遅刻、早退、欠席の状況についても厳しく管理されます。

以上のように、無料でできる反面、受講できたとしても制約による不自由さを感じることがあるかもしれません。その点は、振替や補講の融通が利くスクールで受講した場合と比べてデメリットといえるかもしれません。

日本語教師の資料請求はこちらから

ハローワークの窓口相談から受講までの流れ

窓口相談から受講までの流れ

職業訓練を受講するまでの基本の流れは【相談・申込→施設見学→選考(書類・面接)→合格・受講】の4段階になります。

(相談・申込)
ここまで本ページをご覧になって「職業訓練で日本語教師を目指したい」と感じた方は、まずはお住まいの地域のハローワークへ相談しましょう。日本語教師養成講座の募集の有無、次はいつなのか、受講条件を満たしているか、など細かいことを教えてくれます。相談の際は、受講の意思と日本語教師を志す意思ははっきりと伝えるようにしましょう。ハローワークの職員から「この人は受講の必要がない」と判断されてしまっては話が終わってしまいます。相談をした結果、受講できる条件も満たしている場合は受講申込をしましょう。所定の様式に必要事項を記入してハローワークの窓口へ提出します。

(見学)
次に、受講する施設(スクール)の見学行います。スクールの担当者へやる気をアピールできるチャンスでもあります。服装や言葉遣いなどに気を付け、きちんとした態度で臨みましょう。尚、この「施設見学」の過程を設けていない場合もあるようですので、申込の際に施設見学があるのか確認しておくと良いと思います。

(選考)
その後はいよいよ選考になります。選考の内容は「筆記試験」「面接」が柱になるでしょう。筆記試験を実施しない場合や、書類選考を実施する場合もあるようです。パンフレットなどで選考の内容や流れを細かく確認し、事前に準備を整えてから選考に臨みましょう。特に志望動機は書類でも面接でも要になりますので、可能であればハローワークの職員や知人から客観的なアドバイスをもらうなどの対策をお勧めいたします。

(合格・受講)
通常、結果(合否)は選考の日から1〜2週間程度で郵送で届きます。めでたく合格すると、職業訓練校で日本語教師養成講座を受講できます。合格通知と一緒に開講式や講義のスケジュールが同封されている場合もありますので、よく確認して受講に臨みましょう!

受講の費用は?期間は?

職業訓練で日本語教師養成講座を受講する場合、受講費用は無料です。テキスト代のみで受講できます。テキスト代は1万円ほど見積もっておきましょう。

また、受講期間は約6か月ほどです。詳細が気になる方は、ハローワークの窓口で相談する際にテキスト代と受講期間を確認してみましょう。

どこで受けられるの?

東京都と千葉県の指定のスクールで受講できるようです。スクール数や地域が限られているのが現状です。

      

受講修了後から日本語教師デビューまで

訓練を修了すると「日本語教師養成講座(420時間)の修了」の資格を得ることができます。この資格を活用して日本語教師の採用選考を通過すると、晴れて日本語教師デビューとなります。

就職活動の注意点は2点です。1点目は「求人によって求められる資格要件が異なる」という点です。日本語教師の求人には「日本語教師養成講座の修了」「日本語教育能力検定試験の合格」など求められる条件が掲載されています。養成講座修了の他にも条件を求められる場合もありますので、きちんと確認してからエントリーしましょう。2点目は「就職活動のタイミング」です。就職活動は訓練校の受講中でも進めることができます。修了後に活動を始めることもできますが、できるだけ早めに活動されることをお勧めいたします。

まとめ

今回は、職業訓練で日本語教師養成講座を受講する方法を紹介してきました。職業訓練で日本語教師養成講座を目指すことは可能ですが、限られた地域で選考に勝ち抜いた方のみです。必ずしも希望通りに受講はできない点に留意しましょう。一方、受講料が無料になる点は職業訓練で受講する1番の魅力かと思います。

職業訓練で日本語教師養成講座を受講する場合のメリット・デメリットを比較したり、お住まいの地域で日本語教師養成講座の職業訓練を受けられるかどうかを確認したりして、どのように日本語教師を目指すのかを検討してみてください。

日本語教師の講座選びなら
BrushUP学び

BrushUP学び 日本語教師を学ぼう
BrushUP学び

BrushUP学びは日本語教師養成講座や日本語教育能力検定試験の対策講座など、日本語教師を目指せるスクールの情報をまとめたサイトです。エリア別にまとめて比較でき、とても見やすいです。

日本語教師の資料請求はこちらから